スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミリタリーFPS『BROTHERS IN ARMS:Road to Hill 30』のレビュー 

morirebyutop.gif

ミリタリーFPS『BROTHERS IN ARMS:Road to Hill 30』のちょっとしたレビュー
biarth30top.gif

という事で前回の『Brothers in Arms:Hell's Highway』のレビュー記事にも書いてたように「Brothers in Armsシリーズ」の記念すべき第一作目となる『BROTHERS IN ARMS:Road to Hill 30』を張り切ってプレイしてまいりました!

WS000001_20090408233138.jpgWS000009_20090408233209.jpgWS000006_20090408233231.jpg

2005年3月に発売された本作は、北米軍第101空挺師団に所属していた分隊長「マット ベイカー軍曹」を操作しながら、史上最大の作戦とも言われている「ノルマンディー上陸作戦」の前日から「ヒル・サーティー」までの8日間を実話を元に忠実に再現したゲームストーリーとなっているので、『Brothers in Arms: Hell's Highway』のような派手な演出や色んな要素が無くても、ゲームの世界観に自然と入っていけるので十分に楽しめると思います。
グラフィックスに関しては「Unreal Engine 2」を採用しているので、今のゲームグラフィックスからするとだいぶ見劣りはしますが、史実や写真などを参考に町並みや風景などを丁重に作り込んでいるので個人的には全然問題ないレベルですね。

WS000010_20090408233315.jpgWS000029.jpgWS000017_20090408233443.jpg

気になる戦闘に関してですが、事前に把握していたとおりに弾丸は基本的に当てにくいので(スナイパーライフルに関しては高性能!)、味方ユニットに援護射撃をしてもらいながら裏道などを上手く使って敵の背後を取って行くのが基本パターンとなりますね。
まぁそのぶん敵の弾も当たりにくいのですが、通路に設置されているガトリングや以外と性能の良い敵AIが、なかなか思うように攻めさせてはくれません。
それに比べて低性能な味方AIが次々とあっさり倒れいくので、気付いた時には一人しか後ろに付いていなかったなんてしょっちゅうでしたね。(苦笑)

WS000023_20090408233523.jpgWS000025_20090408233547.jpgWS000030_20090408233610.jpg

とまぁ最後までクリア一してみて、当てにくく死にやすい設定がゲームに程よい緊張感を与えてくれるので、やり甲斐がありキャラそれぞれに感情移入できる奥深いストーリーなどが上手い具合に融合されているのですが、味方戦車がオブジェクトに引っ掛かって動けなくなったり、味方キャラが何も無い所で引っ掛かっていてゲームが進まない(そのチャプターをやり直す事によってストーリーを進める事は出来た)などといったバグが多少目立つのが残念ですね。
個人的には、難易度などは変えずに『Brothers in Arms:Hell's Highway』のようなグラフィックスや演出で『BROTHERS IN ARMS:Road to Hill 30』をリメイクして欲しいですね。
それくらい面白かったと言うことですよ!

評価 85/100

『BROTHERS IN ARMS:Road to Hill 30』トレイラー
【Brothers in Arms: Road to Hill 30】amazon
[ 2009/04/08 23:39 ] morisobaのレビュー | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/04/09 11:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fpsfan1.blog53.fc2.com/tb.php/182-968638e6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。