スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FPS『Team Fortress 2』アップデートリリース! 

tf2top2.gif

FPS『Team Fortress 2』にアップデートがリリースされています。
■参考サイト引用

「New Content」

・King Of The Hill ゲームモードを追加
・ポスト勝利状態の間に負けているチームによって再生されるカスタムアニメーションを追加した。彼らをエンジョイするために三人称カメラに移動されるようになった(負けた方?)。
・多くの新しい帽子を追加した

「Additions / Changes」

○マルチプレーヤーの Advanced オプションに"Auto Reload"オプションを追加した

・一度に全弾薬をリロードする弾薬ベースの武器は、発射することでリロードを止めることができるようになった

・Pistol は発射ボタンを押す速度に基づくのではなく、一定のレートで発射するようになった
・Jarate アイコンを敵の上に出すカラーブラインドオプションを追加した
・送信されているネットワークトラフィックの量を減らした
・CTF ゲームモードにおいて flag をキャプチャするとキャプチャたチームに 10 秒間のクリティカルブーストが与えられるようになった
・テレポーターに Sapper をつけた時にもう片方のテレポーターにも自動的に Sapper が付くようになった
・Engineer はテレポータを叩くことで、もう片方のテレポーターを修理したり、Sapper を取り除くことができるうよになった
・変装した Spy は On-Hit エフェクトをトリガーしないようになった(Blutsauger の回復など)
・自爆ダメージによる minicrist を無くした。Jarate がかけられた Soldier/Demomen が rocket/grenade でダメージを受けるのを修正した
・自分が観戦しているプレーヤーによって運ばれている標準ではないアイテムを表示するspectator cam をアイテムパネルに追加した
・チームメイトによって運ばれているアイテムを見ることが出来る"Inspect" キーを追加した

○Backpack 改良

・アイテムをドラッグアンドドロップで動かせるようにした。アイテムの位置はバックエンドで維持される
・複数のアイテムを一度で削除できるように複数選択を追加した
・backpack に対してリストを直接開くことが出来る新しいキーをキーバインドページに追加した
・バックパックが最初に現れる時に、マウスオーバーしたパネルが正しい位置でないのを修正した

・透明になった Spy が backstab ポジションに入ってもナイフを振り上げなくなった
・スコアボードの右下に現在のマップ名とゲームタイプが追加された
・loadout やローディング画面に表示される tips にクラスアイコンを追加した
・プレーヤーに運ばれている flag のビジュアルを改良した
・critboost 状態の敵がわかりやすくなるようビジュアルを改良した
・マップ遷移中にマップ名の下にゲームタイプを表示するようにした
・ゲーム内チャットダイアログで全ての Unicode 文字をサポートした
・BLU メインメニューに背景を追加した
・DOS アタックからの CPU 読み込みを減らすのを助けるためにいくつかのサーバークエリのレスポンスをキャッシュするようにした
・チームメイトはフレンドリーな radius damage をブロックしなくなった。チームメイトが rocket/grenade ジャンプを失敗するのを防ぐようになった

「Map Changes」

○PLR_Pipeline をアップデートした

・最初の 2 ラウンドを勝利している場合に、3 ラウンド目における開始アドバンデージを増やした
・1 ラウンド目で同時にキャプチャした場合、2 つめのラウンドカートが続いていかないのを修正した
・1 ラウンド目に開始ゲートを超えて pipebomb を撃つことが出来なくなった
・セットアップタイムが終了する前にドアを開けることが出来たのを修正した
・いくつかのドアでプレーヤーが固まるのを修正した
・プレーヤーが屋根やマップ外に載ることが出来たのを修正した
・マイナーなバグや exploit を修正した

・コミュニティマップ Arena_Offblast を追加した
・コミュニティマップ Cp_Yukon を追加した

○Arena_Sawmill をアップデートした

・いくつかのモデルが見えなくなる DirectX8 バグを修正した
・マップ外にテレポーターを設置できる exploit を修正した

○CP_Granary をアップデートした

・競技コミュニティのフィードバックを元にバランス改良のためいくつかの変更を行なった

「Item Reworks」

○The Force of Nature

・Pyro のエアブラストのように、近距離のみノックバックが動作するようになった
・Force a Nature のエフェクトで敵を操ることが出来なくなった
・セルフノックバックがプレーヤーの視野角を尊重するように変更された。射撃中に上を見上げていても、敵を上昇させることはなくなった。
・ノックバックは与えたダメージによって計算されるようになった

○The Sandman

・Scout は敵を気絶させると 1 ポイント、遠距離からだと 2 ポイントを受け取るようになった
・気絶したプレーヤーが受けるダメージが 50% から 75% になった
・Ubercharge を受けているプレーヤーは気絶しなくなった
・Heavy たちのスピンは気絶しても回転を続けるようになった(左右どちらかのマウスボタンが押されている場合)
・ターゲット気絶させる最小距離が短くなった
・使用時のマイナスが"ダブルジャンプ使用不可"から"体力 -25%"になった

「Fixes」

・レイアウト、Backpack 内のアイテムプレゼンテーション、"X is carrying"アイテムダイアログなどの様々な問題を修正した
・player が sv_poure を動作させることが出来た exploit を修正した
・Particle ファイルは sv_pure によって保護されるようになった
・critboost 中に死んだときに critboost エフェクトがそのままになるのを修正した
・waiting for players 中にチームを変更した場合にタイマー HUD の背景が正しい色にならないのを修正した
・The Huntsman や Spy のナイフに影響する critboosts のいくつかの問題を修正した
・The Huntsman を意図されているよりも速くリロードすることができる exploit を修正した
・Heavy "civilian" exploit を修正した
・DXSupport config ファイルを使用する exploit のセットを修正した
・r_screenfademinsize、r_screenfademaxsize の exploit を修正した
・透明になった Spy が近接ターゲットとなっている場合にセントリーガンが発射されてしまうのを修正した

「Community requests」

○ハイブリッド CTF や CP マップ向けに HUD エレメントを追加した

・1or2 flag や複数の CP をサポートした
・これを利用するために、マップ制作者は"tf_logic_hybrid_ctf_cp"を設置する必要がある

○環境的な危険によってもたらされた死のために、カスタム kill server log テキスト "train"や"saw"を追加した

・Format: "%s<%i><%s><%s>" committed suicide with "world" (customkill "%s") (attacker_position "%d %d %d")

○新しい"medic_death"イベントをサーバーログに追加した

・Format: "%s<%i><%s><%s>" triggered "medic_death" against "%s<%i><%s><%s>" (healing "%d") (ubercharge "%s")

・healing は Meadic が死ぬまでに回復した量の合計
・ubercharge (1/0)はフルチャージだったかどうか

・"func_respawnflag"トリガーエントリを追加した。flag キャリアがエンティティに触るかそこに flag を落とすと flag を戻すか削除するようになる




参考サイト
Negitaku.org
『Team Fortress 2』アップデート、新ゲームモードや新マップ追加
[ 2009/08/15 01:00 ] 過去のFPS関連情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fpsfan1.blog53.fc2.com/tb.php/669-500015f6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。