スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FPS『Team Fortress 2』アップデートリリース! 

tf2top2.gif

FPS『Team Fortress 2』のアップデートが行われています。
■参考サイト引用

【Engine】

・インストレーションが HLTV リレーであれば、tv_enable が false に設定されていてもクライアントが HLTV クライアントとして接続するのを許可するようにした。最近の exploit 修正で、tv_enable が false の場合にクライアントが HLTV クライアントであることを示すフラグを無視するようにしていた。しかし、リレーがこの Conver 設定を持たない可能性はある。

【Additions / Changes】

・Backpack improvement

「backpack を 100 スロット対応にした(50 個× 2 ページ)」
「タイプによってソート可能になった」
「Ctrl キーを押しながらの複数選択に対応した」

・Alt-fire を押すことで Heavy がサンドイッチをドロップするようになった

「1 度に 1 つのサンドイッチを落とすことができる。サンドイッチを落とすと Heavy からはサンドイッチが無くなる。」
「Heavy は体力がフルの時にヘルスキットを取ることで再びサンドイッチを得ることが出来る」
「taunt メソッドを使用してサンドイッチを食べると体力が完全回復するようになった」
「落ちたサンドイッチを食べたプレーヤーは体力が 50% 回復する」

・Medic regen changes

「回復の間隔が 1 ヘルス/秒から 3 ヘルス/秒に増加した」
「最後にダメージを受けた時間からの回復量の増加が 3 倍から 2 倍になった」
「結果として、古い回復はダメージを受けてからの時間を元に 1 ヘルス/秒から 3 ヘルス/秒(最大 10 秒)。新しい回復は 3 ヘルス/秒から 6 ヘルス/秒になった。」

・Blutsauger

「"No critical hits"というネガティブな属性を"-2 health drained per second on wearer"に変更した」
「Health drain stacks on top of the above Medic regen changes, lowering the base regen by 2h/sec」

・"mp_windifference"サーバー ConVar を追加した(デフォルトは 0)

「X に設定したとき、チームが相手よりも先に X ポイントを獲得したならば試合は終了となる」

・"Remember the active weapon between lives"オプションを Multiplayer->Advanced ダイアログに追加した(死ぬ前に使っていた武器で復活)
・"Disable weather effects"オプションを Multiplayer->Advanced ダイアログに追加した
・"Show non-standard items on spectated player"オプションを Multiplayer->Advanced ダイアログに追加した

「設定すると(標準出設定されている)、spectating中に標準でないアイテムを持っているプレーヤーを表示するようになる」

・Tournament mode changes

「新しいアイテムホワイトリストはトーナメントでプレーヤーが使用するアイテムをコントロールすることが出来る」
「"item_whitelist_example.txt"を追加した」
「ホワイトリストに入っているアイテムを確認するコマンド"item_show_whitelistable_definitions"を追加した」

・Tournament 用の Spectator HUD を追加した

「"Use advanced spectator HUD in tournament mode"オプションを Multiplayer->Advanced ダイアログに追加した」
「画面の上部に、class/health/respawn time/charge level と共に自チームの全メンバーを表示する」
「Spectator のインデックスにチームメンバーが表示されるようになった。対応する武器選択キー(slot1 ~ slot12 コマンド)を押すことでそれぞれを観戦することが出来る」

・idle プレーヤーチェックにチームを選択していない観戦者やプレーヤーを含むようにした

【Bug Fixes】

・爆発半径(radius= 半径で OK?)ダメージの検知に球体ではなく軸方向に並んだボックスを使用するように修正した

「OBB(何の略?)の角で失う grenades, pipes, rockets の半径を 50% に増加させることで補正した」
「Grenades/Pipes radius change: 132->159」
「Rocket radius change: 121->146」
「結果として、爆発物はいくつかのアングルで半径が減少し、それ以外で増加するようになった。半径は現在一貫しており、角度は関係なくなった。」

・Sniper が Huntsman を装備していてチームが負けた時に reference ポーズを使うのを修正した
・Spy が変装したクラスとしてプレーヤーを倒した後にそのクラスのレスポンスルールで話すのを修正した
・Medic が HUD に自チームに変装している透明になった敵 Spy を MedicCallerPanels に得ていたのを修正した
・Sniper がクリティカルブーストされている時に Huntsman でクリティカル弓矢を撃つことが出来なかったのを修正した
・Huntsman の火矢を持ったまま水中に飛び込んだ場合に、水面化で火矢を使うことができたのを修正した
・クライアントが phasing, taunting, 気絶で三人称視点になっているのを、"firstperson"コマンドを使用して抜けようとするのを防ぐためのチェックを追加した
・Halo glow エフェクトが変装 ・ 透明になった敵スパイのために隠されていなかったのを修正した
・削除された時に装備が付属の particles を破壊しないのを修正した
・ゲームがポーズされた時に起きる player と viewmodel のシミュレーション問題を修正した
・sv_pure 2 において particle エフェクトを変更することが出来た Direct8 ベースの exploit を修正した

【Community Requests】

・"player_builtobject"ゲームイベントに対して作られるオブジェクトの entindex()を追加した
・CTF マップ作者がタイマーが切れるときにオーバータイムモードをオフにすることが出来るフラグを追加した
・TFPlayer に対して IgnitePlayer 出力を追加した



参考サイト
Negitaku.org
『Team Fortress 2』アップデート
[ 2009/09/16 23:01 ] 過去のFPS関連情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fpsfan1.blog53.fc2.com/tb.php/762-5a10b3fb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。